ようこそ! ゲスト
保有ポイント
0ポイント

品番・商品名検索

※ハイフン「-」やドット「.」を外して入力して下さい。

  • アウトレットセール
  • カタログ掲載品が通販特別価格で販売中
  • 施工写真ギャラリー

最近みた商品

加工技術

カウンター・天板の特注品加工承ります

品質管理

水栓・動画

コラムNo.13:ご近所からどう見られている?外壁「タイル」がおすすめな理由

お家の外観を左右する外壁。ひとくちに外壁と言っても、タイル、サイディング、ガルバリウム、漆喰、モルタルなど多岐にわたり、それぞれ見た目も違えば、機能も違います。また、気になる費用、メンテナンス方法も大きく変わります。そのなかで、見た目の美しさと耐久性でよく取り入れられているのが、タイル外壁。その特長と種類をご紹介します。

36種類もの天然石の色柄をブレンドし、自然な色幅を再現したストーンボックス

美しく長持ち~タイルのメリット・デメリット~

タイルを選ぶ人が多く上げるメリットは、やはり耐久性です。新築の家でも、常に紫外線や風雨にさらされる外壁は10年~15年程度でメンテナンスが必要です。その点、磁器質タイルはモルタル吹き付けやサイディングの外壁と比べて、表面の給水率が非常に低いため、基本的に30年程度はメンテナンスは必要ないと言われています※。見た目にも劣化がほとんどなく、数十年後も美しい外観が保てるのが魅力です。

※工法による。またタイルそのものに劣化は見られない場合も目地・下地材については定期的なメンテナンスが必要な場合があります。

「同じころに建てたご近所の家が外壁補修が必要になっているのに、ウチはあまり見た目が古くならない」というのは、タイルにしてよかった声としてよく聞かれます。

反面、初期コストがデメリットとして挙げられます。コストについては、使用する部材にもよりますが、だいたい新築時100万円~数百万円高くなると言われています。ただし、一般的なサイディングの補修費として10年ごとに100万円程度かかってくることを考えると、長い目で見るとおトクなのではないでしょうか。

大迫力の天然クォーツをそのまま再現したマルチクォーツ

タイルはデザインバリエーションも豊富

タイルの技術も日々進化しており、天然の大理石を模したものや、天然石の色柄をブレンドし、自然な風合いを再現したものなどさまざま。天然のものは限りある資源ですので価格も高く、品質が安定しにくかったり、重くて日本の住宅への施工が難しい場合もありますが、その点タイルなら安心です。そのラグジュアリーな質感は海外のホテルのように、上質で快適な空間を演出してくれます。

床・壁と統一して使用したり、室内用と外壁用が揃った商品もありますので、お家全体をトータルコーディネートすることもできます。

段積みされた石を表現したものなどは、エントランスに部分づかいするだけでも、家全体の印象が変わります。セメントを原料としながらその質感は、まさに職人が手をかけて段積みした石づくりの壁のよう。自然光はもちろん、夜の照明が当たることで生まれる美しい陰影が、お家の外観をぐっと格上げしてくれるはず。本物の石より軽量で、撥水処理もされているため、雨などにさらされても汚れにくいのがうれしいですね。

吸水率が低く、非常に丈夫で耐凍害性に優れたジャーマンハードブリック

まるでレンガのような重厚感。クリンカー技術のブリックタイル

最近、注目を浴びているのがクリンカー技術によるブリックタイルです。クリンカー技術は、1250℃で80時間、高温焼成することで3~5%の低吸水率にし、丈夫で耐凍害性のあるブリックに仕上げることができます。

その魅力は、レンガの風合いを持ちながら、レンガよりもずっと丈夫であること。日本ではまだまだ見ることは少ないですが、ヨーロッパでもよく使われている外壁材で、フォルクスワーゲン本社工場の外壁に採用されているのはドイツ製ブリックタイルです。

低温・凍害にも強いため、寒冷地での使用にもおすすめです。機能美と耐久性を兼ね備えつつも、歴史を感じさせる重厚感があるため、部分づかいでもひと際映えます。日本では外壁にブリックタイルを使用した住宅はまだ少ないため、その存在感は抜群。まわりのお家と差をつけるなら、ぜひ検討に加えてみてほしい外壁材です。


< No.12:一戸建て新築orリフォーム それぞれのポイントは?


No.14:みんなが幸せに暮らせる距離感「三世代同居」のポイント >


部屋別!リフォームにおすすめ商品

コラムトップページ

見積簡単!品番で注文

お問い合わせ

●通販をご検討のお客様●
電話:0120-07-17-17
9:00-18:00 [日・祝日は除く]

FAX:03-3475-0308
24時間受付


●営業担当のいるお客様●
●サンプル・カタログに関するお問い合わせ●
電話:03-3475-0281
9:00-18:00 [土・日・祝日は除く]

FAX:03-3475-0280
24時間受付

※ サンプル・カタログ請求はインターネットでのみ承っております

はじめての方はこちら 故障かな?その前に 大口案件はこちら

公式アカウント運営中

コラム

最新CM

ショールーム

スタッフこだわりコーディネート

アドヴァンポイント

後払いサービス

当日出荷

メールマガジン

設計広場

Copyright © ADVAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.