スタッフのお勧めトップ画像

バックナンバー(タイトル一覧


メトロⅢ ホワイト


スイート マーフィル

No.3
くつろぎのバスルームを
こだわりのタイルで

住まいにおいて最もタイルが使用されてきたバスルーム。しかしどんなタイルを使えばいいのかお悩みの方も多いはず。 そこで今回は3000点以上あるタイルの中からバスルームへお勧めのタイルをご紹介します。


やはり1番人気なのはメトロⅢ。清潔感のある白を使いたいけど、 ただの白タイルだと単調になって殺風景になってしまいます。そこでテーパーのとってあるメトロⅢを壁に貼ることで 空間に立体感を与え、差し込む光にも動きがでます。

次は高級大理石を忠実に再現したタイル、スイート。大理石を使いたいけど、 汚れが心配という方におすすめです。陶器質の施釉タイルなので耐水性に優れ、清掃がしやすく、大理石の持つ輝きがいつまでも続きます。


プレシャス ビソン


床には滑りにくいタイルを選ぶのがポイント。目地が滑り止めの役割を果たすモザイクタイルが人気です。磁器質タイルのため、 耐久性にも優れ、種類も豊富ですのでお好みのモザイクタイルを選べます。


左)マイルストーン クォーツホワイト
中)ピエトレシチリアーナ ブルチ
右)セラミカモカクリーム


ユウ サビア

大判タイルを選ぶならコレ、ユウ セミグリップ。
『滑りにくいタイルが良いけど、滑り止めが効きすぎると却って足が痛くなるんじゃ。』というお声をよくいただきます。そこでおすすめするのがユウ セミグリップ。表面の質感を損なわず、適度な滑り止め加工をしているため素足にもやさしい仕上げになっております。さらにライムストーン調のデザインが暖かみのあるバスルームを演出します。


ビアンコ        サビア         グリジオ


マトーシュ クロコ・タバコ

グラマラスなバスルームをお望みなら!?
ワニ柄を基調としたデザインにレザーの質感をもったマトーシュ。優雅な気持ちになれること間違いなし。


クロコ・タバコ   クロコ・アイボリー



原宿ショールーム2階

No.2
パッと明るくおしゃれに変わる
ガラスモザイクのすすめ
原宿ショールームより。

洗面やキッチンの壁、トイレや玄関にガラスモザイクを使用したいというお声を日々いただきます。そんな時は「ぜひショールームにお越しください!」と強くお勧めしております。
原宿のショールームには、圧倒的な品揃えのガラスモザイクを壁1面、いえ5面、6面に展示しております。多すぎて逆に悩む。そんな嬉しい誤算が生まれる人気のスポットになっております。
単なる壁紙から、ガラスモザイクに変えるだけで非常に個性的で、おしゃれな空間に様変わりします。
今回は、完成イメージをわくわくしながら想像し、見学されるお客様に一声掛けさせていただきました。


色、形、特徴など様々なモザイクを展示しています。


これでもまだまだ一部です。


打ち合わせテーブルの後ろにも  一粒一粒形が違うモザイクも


こんなモザイクも人気です    もちろん天然石材のモザイクも


今回決定された「フォーシーズン・スノー」


アクア館4Fトイレ。床にガラスモザイクは日本ではまず見かけません。

「ガラスモザイクにこんなにも種類があるとは思っていませんでした。」第一声がこのお言葉でした。
そうなんです。色の豊富さに始まり、凹凸のあるものや石とガラスを組み合わせたもの、エッジの部分を削ってランダム形状にしたものなど、数百の商品がラインナップされています。
こちらのお客様(30代の主婦の方)は洗面所のリフォームを行うとのことで、ショールームにご来店いただいておりました。 かなり長い間ご熟考され、「来る前までは想定していなかったけれど、ランダムに凹凸があって、飽きなさそうなこれが可愛い」ということで、フォーシーズンのスノーというガラスモザイクに決定されました。
イタリア製のこのガラスモザイクは、一つ一つの表情が違う個性的な逸品。光の反射率もランダムですので、日々新しい表情を見せるような楽しいモザイクです。お選びいただいたスノーはその中でも一番白く、その清潔感も洗面所にぴったり。
「ガラスモザイクでこんなに迷えて、楽しかったです。来てよかった!」と最後におっしゃっていただき、心よりありがたく感じ入りました。
実は洗面所の蛇口も変えたいと思っていたそうで、また時間をみてご来店くださるということです。その際はもう迷わないようガラスモザイクコーナーには近づかないことをおすすめいたします。

おまけ
「ガラスモザイクって床にも貼れるの?」とご質問を頂いたので、お勧めしておりませんとお答えしたところ、「でもトイレに貼ってあったよ?」と。確かに弊社の原宿ショールームのアクア館4階トイレの床はガラスモザイクが貼ってありますが、こちらは試験的に施工しておりますので割れ等の恐れからお勧めはしておりませんのでご注意ください。
ただ、非常に美しいトイレとなっており、一見の価値がございます。ぜひご来店の際はご覧下さい!



人気No.1の洗面台シリーズ「モービリⅡ」


左)ドイツ製エコ水栓。
右)小物が置けるよう右側が少し広くなっています。


キャビネットや鏡の中も広々と使えます。

No.1
洗面台に高機能床材ボロン。
デザイン追及か癒し系か・・・
キッチン :モービリⅡ(幅750mmタイプ)
床 材 : ボロン

おしゃれな洗面台が欲しい!と、ショールームにご来店いただくお客様が増えております。今回のお客様もそんな願望を叶えにいらっしゃいました。 記念すべき第一回目のご案件は、新築のご住宅の2階部分の洗面台を探しにいらした奥様です。
原宿にあるショールーム「アクア館」では実際に水が出るので使用感を試しながらお選びいただける貴重なスポット。ずらっと並んだ洗面台から、悩みに悩んで決めていただいたのがこの清潔感あふれるモービリⅡです。おしゃれがいい、でもシンプルなものがいいというお客様は非常に多く、結局はこのモービリに落ち着くということが多々見受けられます。
このモービリⅡ、もはやアドヴァンの洗面台の定番となりましたが、並々ならぬこだわりが詰まっています。簡単に列挙すると・・・
① ドイツのハンザ社製エコ水栓が標準装備。少ない数量でもたっぷり十分な使用感です。
② ヒンジはオーストリアのBlum社製で扉の閉まりが快適。バタンとうるさく閉まりません。
③ 床設置部は脚が付いており、体重計も収納可能。
④ 幅750mmタイプは物を置く為、右側を広くしています。
⑤ 鏡は左開きも可能です。幅200mmの鏡を組み合わせれば2面鏡へ。
今回のお客様は、ご来店いただく前に他社のショールームも回っていらっしゃいましたが、立て付けや重厚感、高級感が全然違うと感動していただけました。写真ではこのモービリの素晴らしさを完全にお伝えすることができず残念です・・・ぜひショールームで触ってご確認ください。

さて、今回奥様がコーディネートでこだわられたのは床材のボロンのデザイン。ボロンをご存知ない方は、「洗面所で使用できる畳」といえばイメージが湧くでしょうか。多少の水がかかっても、表面の凹凸がサラッとした気持ちいい感触を与えます。温泉や公共施設の脱衣場に人気の床材です。


左)ボロンは編み方により印象が異なります


右)左のシリーズはクリエイト、右はサイザルです。


左)原宿ショールーム4Fの様子。右)色彩豊かです。

このボロン、表面の編み方と色彩の種類が多く、お気に入りを選べるのがポイント。奥様は「モダンなおしゃれ」か「和風の畳テイスト」で現在まだ悩まれています。サンプルをお持ち帰りいただき、ご家族で相談の上決定されるとのことです。どちらにしても、大切な新築の毎日使用するスペースが、素晴らしい場所になりそうで楽しみです。
おまけ
偶然目にした三面鏡にお客様が一目惚れ。イメージ通りの鏡で、長らく探していたそうで、「こういう所に売っていたのか」と偶然の出会いに喜んでいただけました。アクセサリーにもこだわって充実させていますのでご来店の際はチェックをお忘れなく!

バックナンバー(タイトル一覧

Copyright © ADVAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.